10年ほど前に入社した社員の決意表明の文章です。
今現在、左官、タイルのそれぞれ一級技能士として、活躍しています。


 

仕事に対する心構え

球磨工業高校 卒業  S.O

私が仕事に対する心構えとして、はじめに考えていることは、仕事を一日も早く覚えるということです。

先輩方の仕事を良く見て覚え、よく解らないことがあったら質問し、先輩方に早く追いつこうと思います。

それに、仕事を早く覚えるためには、礼儀も必要になると思います。朝のあいさつや、仕事で解らないところを教えて下さった方へのあいさつ、私は中高校とバスケットボールをやってきました。先生や先輩方にはいつも、「相手にファールをしてしまったら、ちゃんと謝るんだぞ」と言われていて、初めはその言葉の意味がよくわかりませんでした。しかし、何度も試合をしていくにつれだんだんとわかってくるようになりました。それは、ファールをしてしまった相手に心を込めて、「ゴメン」「大丈夫?」と聞くと、「うん、大丈夫だよ」と、言ってくれて、試合が終わってからも「また一緒に試合をしたいね」などと言ってくれました。私はその時、礼儀や挨拶の大切さがわかった気がしました。

仕事を早く覚えるためにはもう一つ、知識を深め、資格を取るということです。
私は、今までに危険物乙4類や計算技術検定、情報技術検定などの資格を取得してきました。御社に合格してからは、社内に設置してある職業訓練校に入行し、国家資格である2級技能士を取得したいと思います。先日、行われた技能五輪では、銀メダルを取られ、大変素晴らしい会社だと思います。

次に仕事に対する心構えとしていることは、規則正しい生活を送るということです。
私は今も、朝6時に起き、通学しています。中学高校とやってきたバスケットボールは、時間に制限されるスポーツなので、時間を守ることや、早めに準備をしておくことなどは体に身についていますし、バスケットは走りっぱなしのスポーツなので体力もあります。遅刻や欠勤は絶対にしません。

休みの日も最初の方は、一日も早く仕事を覚えるため勉強しながらも、先輩方や同僚と遊んだり、私の趣味である釣りに一緒に行ったりして、コミュニケーションをとって行きたいです。
最後に、心構えとしていることは、責任を持つということです。左官工と言う仕事は、自分がしたことが形に残るので、仕事はもちろん、100%の力を出して頑張り、プラス20%をいつも笑顔で仕事をし、合わせて120%の仕事をしていこうと思います。これは仕事だけに限らず社会人としても、責任を持った行動をしていこうと思います。
御社に合格してからは、今までに挙げた目標を、初心を忘れることなく続けていこうと思います。

将来結婚し子供が生まれると思いますが、自分が手がけた仕事を子供に自慢できるような立派な職人を目指し頑張ります。