るろうに剣心

アニメの中で、「るろうに剣心」が好きだと言うと、批判めいたことを語る人がいる。
「だいたい、年を取ったおっさんが、アニメなど好きだなんて言うな」と、説教されるのである。

しかし、「そうですね」と、受け答えしながらも、『麻生大臣も少年ジャンプを読んでるじゃないか?熊本県庁にもワンピースのルフィの銅像が建ってるんじゃないか?』と心の中でつぶやく自分がいる。

じゃぁ、なぜ『るろうに剣心』なのかと言えば、『るろう』と言う言葉が好きなのかもしれない。グーグルでググってみると、るろうとは、「住むところを定めずに、さまよい歩くこと。」類語には、放浪、漂白、流離と言う言葉がある。

昔から放浪の旅にあこがれていて、画家の山下清氏の生き方にも共鳴していた時期があった。私の親せきの中にも、画家がおり、今、フランスに居を構えている。森本健一と言い、若いころから可愛がってもらったことがある。私が40代のころ、健一おじさんがやってきて、「一緒にフランスに行かんね?」と誘われたこともある。

当時、私は家族を持っていたこともあり、お断りさせていただいたのだが、この健一おじさん、変わった方で、今から6~7年前に、カンヌ映画祭で特別賞などいただいている。関心ある方は、ググってみてください。

まぁ、変わったおじさんで、私なんか足元にも及ばないのだが、どこか似たようなところがあるのかもしれない。

話を戻そう。るろうに剣心の剣心は、逆刃刀と呼ばれるキレる刀と反対側を使って敵と戦う。つまり、相手を殺さないようにして、気絶させるだけである。つまり、相手を殺さず、悪を切っていくのである。そんなところに心が引かれているのかもしれない。私も、言葉を駆使してメッセージを伝える者として、このるろうに剣心の心意気に共鳴しているところがあるのかもしれない。言葉は、人を切ることもできるのだから…

2019年6月24日

建築業界の5、6月

建築業界では、5月から6月にかけて、安全衛生大会や総会が多い。大手のゼネコン(ゼネラルコンストラクターの略:総合請負業者のこと)の下で、ここ1年間の業績や安全衛生関係の表彰などがなされる。

毎年、同じような形式で開かれるが、たいてい大会が夕方にあり、6時過ぎから懇親会へと続いていく。

このことに漏れず、6月13日(木)に、穴吹工務店南九州支部会の総会が開かれた。穴吹工務店の社長も四国は高松から来られた。

穴吹工務店は、年間売り上げが500億の会社で、現在大京グループに属する。もっと大きく言えば、オリックスグループに大京も属している。オリックスは、2兆円を超える年間売り上げの会社だから、飲み込まれてしまいそうな感じである。

そうした中、穴吹工務店も独自性を保ちながら頑張っているようだ。

いろいろなゼネコンさんの下で我々は仕事をしている。㈱オオタも独自性を保ちながら、それらのゼネコンと上手に付き合っていきたいものだ。

2019年6月14日

稲盛さんの成功哲学

稲盛さんといえば、京セラの社長であり、会社が倒れ掛かったJALを立て直したことで有名な方である。利他の心が人生を開くとして、稲盛経営哲学は展開する。実際、JALの再生を図った時も、「本来、人間というのは、真善美という基本的な価値観を追い求める素晴らしい存在であるのに、JALの方々は、それをなかなか発動できなかった。しかし、稲盛さんの善き思いがそうした人たちの心を本来の美しいものに戻していったということです。」と、ある本の中で紹介されている。

稲盛さんの成功方程式は、「人生・仕事の結果=考え方✕熱意✕能力」であり、

人間にとって、最も大切なことは、考え方であり、熱意だそうだ。

もっともだ!と思いながら、このエッセイを書いているが、この簡単なことができない人が多すぎる。何かにつけて、言い訳をして、人の責任にする。自分の環境のせいにする人も多い。

そんな人の話を聞いていてもつまらないので、社員の言う責任転嫁の言葉には、聞き流すようにして、あまりかかわらないようにする。

もっとシンプルに考えて、素直にこつこつと自分の仕事をすればよい。何かカッコをつけたり、人に良く見せようなどと考えなくてよい。自分がライバルであり、これまでの自分を超えることができるか?ということが命題である。

経営者で、成功をしてきた人たちは、自分に言い訳をしなかった人たちだろう。そして、成功している人たちを追っかけて、素直についてきた人たちだ。このことは、別に経営者でなくても、おんなじだ。

稲盛さんは、経営者で自分たちとは違うという人がいる。
「じゃぁ、何が違うのですか」「同じ人間じゃないですか」と私は言いたいです。

自分は自分だ。と言う人に聞きたいです。
「あなたは、人に誇れるほどの成功をしてきたのですか」…と。

2019年5月27日

5月の風

平成から令和にかかての10連休が終わると、5月も後半になってくる。新緑がまばゆい中、ふと気づくことがある。それは、「風が強いんだなー」ということだ。

新緑の間を走り抜けてくる風は、気まぐれに雨をもたらしたり、晴天をもたらしたりしてくれる。

平井堅の曲の中に、「キャンバス」と言う歌がある。その歌詞の中に次のような一節がある。

『鳥のように自由なのに、風のように寂しかった・・・』

と言う一節だ。風という概念に寂しさが結びついていた。意外だった。風は自由さを表し、気まぐれなところがあって、人間の間にちゃちゃを入れて笑いを起こして過ぎ去っていくものと言うイメージだったのに・・・

「人によって、とらえ方が違うのだろうな・・・」

5月の後半に吹く風は、これから何かが起こる前兆のような気がする。6月に入れば、梅雨の季節がやってくるのに・・・

さてさてどうなることやら・・・

2019年5月22日

平成から令和に

「元号が変わる」ということは、大変なことらしい。カレンダーが変わったり、書類関係が変わるだけでなく、運気も変わるそうである。

会社を経営しているのであれば、元号が変わることで大きく飛躍したいと思うはずである。業績を上げ、黒字を出すこと、よい人材が集まってくること、などである。

5月から新しい時代に入ったというのであるなら、それに合わせて、会社もいろいろと新しくなれば良いと思う。新しい備品、新しい会社組織、新しい業務計画、新しい車両。など、たくさんあるはずだ。あなたはどうされるかな?新しい服を新調して出社するのかな?髪の毛を切って、すっきりした新しい自分を印象付けるのかな?

少し前に書いた、ワンピース世代とガンダム世代についていえば、令和に入ってから、ワンピース世代のほうが社内で影響力を持つようになってくるはずである。今、20代から30代の人たちが、会社の中で強い影響を及ぼすはずである。そうであれば、上司は、頭ごなしに教える(ティーチング)ではなく、同等の目線に立って導く(コーティング)を心がけるほうが、若い人たちを導くことになるだろう。上司の指導の仕方は、大きく変わるだろう。いや、変わらなければいけない。そうしなければ、時代遅れの化石にしかならないのだ・・・

おっと、そういう自分も変わっていかなければ、とりのこされてしまうぞ!

株式会社オオタ、創業初期の太田家なんて、銅像ができていたらもうおしまいだよ・・・

時代に合わせて、先見を見ながら、経営を行っていくことは、現役のままを続けることとなる。

2019年4月29日

花見と予祝

今年の花見は、私にとって予祝を皆がしてくれている思いがする。というのは、私が書いた小説が、来年1月14日に全国出版されるからだ。それだけでなく、昨年会社で作った実用書も、それとは別に全国出版される。

本のタイトルは、もしかして変更されるかもしれないので、今ここでとりあげるのはよそう。

ちなみに、予祝という言葉は、前祝を表し、日本人の生活習慣の中で、物事が実現するように前もって祝うことだそうだ。

もう今から、周りの人たちが、はしゃぎたてている。中学校の同級生もお祝いをしようと、何人かで宴会を計画している。仕事関係の人もはしゃぎまわって、私が、マネージャーになるとか、これ売れたら、「直木賞」になるかもよ!と、言い出す人もいる。

出版社の本に対する講評を見て、全国レベルで通用する本であると、なっているので、えらい大変な盛り上がりである。

一方、それらの本を書いた私のほうは、いたって冷静で、「ふーん、そんなに売れたらいいね」と、名探偵コナン君みたいに、他人事のようにしている。

まぁ、本が売れたら、知らない親せきや知らない友人がふえるだろうな・・・

今から対策を練っておかなくちゃね・・・

2019年4月20日

新しい風

4月になると、新学期が始まる。一般でも新年度になる。3月まで吹いていた強風は、春一番という感じだったが、4月の強風は、物事の始まりを表す「新しい風」に感じるのは、私だけだろうか?

4月7日に統一地方選挙が開かれる。市議会議員、県議会議員が新しくなる。株式会社オオタの親会社である”シアーズホーム”が推薦する「南部しゅんぺい」は、県議会議員候補だ。34歳の若手である。熊本県政に新しい風を起こしてほしいものだ。

もちろん、私たちも南部しゅんぺいに一票を投じたいものだ。

南部の風、しゅんぺいの風、熊本にさわやかさをもたらす風になれ!

2019年4月3日

目で見ることと心眼で見ること

物事に対してみるときに、二つの見方があるという。それは、普通に目で見ることと、心眼で見ることである。

普通で見ることは、別に説明することはない。しかし、心眼で物事を見るということについては、説明が必要である。「心眼」とは、心の目である。物事の本質を見極め、物事の表面に出ていない人の深層心理を知ろうとする「目」である。

心眼で物事を見ようとする人は、人の表面的な言葉や態度に騙されないようにする。その人がなぜ、そのように言うのか?その人がなぜ、そのようにするのか?その人の心にある動機を確かめるようにする。例えば、上司がいるときは、一生懸命に仕事をし、いないときは、怠けているなどのその人の心理を見抜けるようになっている人のことだ。

もちろん、心眼が発達するためには、人生経験とか、洞察力が求められる。人が見ているときに、どんなに華やかに動いたとしても、誰も見ていない状況になったら、さぼっているのであれば、心眼が発達している人から見たら、一目瞭然である。

二宮尊徳が、そうした心眼が発達している人であった。二宮尊徳とは、古い小学校に行くと、必ずと言っていいほど、薪をかつぎながら本を読んで歩いている江戸時代の少年の銅像を思い出す。尊徳は、小田原藩のお家立て直しを行った人である。次のような逸話がある。

尊徳がある土木現場に出たところ、一人の人夫がとびぬけて精を出していた。あまりにも一生懸命に働いているので、尊徳はその人夫に近づき、こう言った。
「お前は、人をだまそうとしてそんな働きをする。私がこの場を去れば、きっと怠るだろう。人の働きには、限界がある。何なら私が、一日ここにいてみようか?どうだ、働けるか?」
人夫は、驚いて、平伏したという。
また、別の一人の人夫がいた。年は60くらいで、現場で休憩も取らないで、働いていた。尊徳が、「休み時間くらいは休め」と言っても休まずに働いた。その人は、次のように言った。
「私は、歳をとって、十分に働けません。元気なものと一緒に休んでいては、何も仕事はできません。」と言って、人の嫌がる仕事をつづけた。尊徳は、この人に、「お前は、他の人に抜きんでて丹精な仕事をしたから」と言って、褒美金を出したという。

人を見るのに、物事の本質を見る目を培わなければならない。特に、上長の立場にいる人には、求められることである。裏表があるような人なら、それが、見る人からしたら、バレバレであることを覚えていてほしい。

二宮尊徳は、「積小為大」を説き続けた。コツコツと自分にできることを続ける人は、のちに大きな成果を生み出すことができるという教えだ。それを生涯を通して、その生き方で現わした人である。

我々も、仕事をするときに、手抜きをしたり、人が見てるからとかに影響されないで、立派な仕事をおこない、成果を生み出していきたいものである。

2019年3月6日

ワンピース世代とガンダム世代

これまで、会社の中で中心だったのは、ガンダム世代と呼ばれている。これは、アニメ『機動戦士ガンダム』を少年期に観て1980年代に社会へ出た世代(57~67年生まれ/現在45~55歳)のことである。 一方のワンピース世代は、80年代に生まれて、マンガ『ONE PIECE』とともに育った世代(現在23歳~33歳)だという。ちょうど、ゆとり世代ともかぶってくる。

今の20代の「ワンピース世代」は自由と仲間に価値を置き、40代「ガンダム世代」は理不尽な組織にとらわれているとも言われている。

今の日本で、このガンダム世代とワンピース世代が混在しているのが、会社組織だそうだ。ワンピースというマンガは、海賊王になろうと自分で決めて海に出た主人公ルフィが、一人ひとり仲間を増やしていって、今は8人の仲間たちと新世界に向けて自分たちの海賊船で航海を続けていくストーリーである。20代30代の人たちを見ていると、ワンピースのストーリーに近い行動を取っている若者たちが多いのに気づかされる。

ワンピース世代の若者たちは、仲間を少人数持っていて、その仲間で自分たちの日々の暮らしや人生における第一軸を作る。「上の世代」にとっては所属する組織が第一軸なのに、彼らはそうではない。会社や組織は第二軸になっているのだ。

ガンダムは、宇宙世紀と呼ばれる未来の世界を舞台にして、それまで子供向けだったロボットアニメを一気に大人向けにした作品である。大人向けの作品だけに、現実世界に近い権力闘争や組織同士の抗争も繰り広げられる。地球連邦軍に属する主人公アムロ・レイといったヒーローが出てくるとともに、敵対するジオン公国軍の中に、シャアというこれも人気の高いキャラクターが出てきて、おのおの自分の信念に従って、1年戦争と呼ばれる未来の宇宙での戦争を互いに戦い抜くというものだ。

では、どうすればガンダム世代とワンピース世代をまとめて、一つの会社として経営していくことが出来るだろうか?

私が思うに、ガンダム世代とワンピース世代のハイブリッド種を生み出すことが必要である、と感じている。それは、組織の中での自分の役割を認めつつも、個人として目標を持ち、仲間を作れる人である。と言うことだ。なかなか個性的な人物が出来てきそうだが、そうした人たちが、会社の中で中心的な役割を果たすような気がしてならない。

2019年2月26日

春一番

2月の立春から春分の日にかけて、突風が吹き荒れることがある。一般的にそれは、『春一番』と呼ばれているが、地方によって、『春一番』の条件は若干異なっているらしい。きょう(4日)、北陸地方で「春一番」が吹いたと、報じられている。

北陸地方の「春一番」の条件は以下の通りである。
① 「立春」から「春分の日」の間であること。
② 日本海で低気圧が発達すること。
③ 新潟、富山、金沢、福井のいずれかの気象台で風速(10分平均値)10m/s以上の南成分(東南東~西南西)の風が観測された場合で、かつ、その気象台を除く、新潟、富山、金沢、福井のいずれかの気象台で風速(10分平均値)6m/s以上の南成分(東南東~西南西)の風が観測された場合。
④ 最高気温が前日より高いか、ほぼ同じになること。

関東地方では、「春一番」の条件は、次のようになっている。
関東地方の春一番の条件は、以下3つの条件を基本とし、総合的に判断して発表されます。
①立春~春分までの期間。
②日本海に低気圧があり、低気圧が発達すれば、より理想的。
③関東地方に強い南風が吹き、気温上昇。
※東京において最大風速が8.0m/s以上。風向は南よりの風で、前日より気温が高い。

九州北部・山口については、以下の通りである。(条件は熊本地方気象台から引用)
① 立春から春分までの間
② 日本海に低気圧
③ 最大風速7m以上
④ 南寄りの風
⑤ 前日より気温が上昇

場所によって若干の違いはあるものの、おおよそ同じである。急速に気候が変動するために、体調などきをつけた方がよさそうである。

2019年2月4日